ビジネスや日常生活のあらゆる瞬間で、心の底から喜べる、満足のいくやり方ってあるのでしょうか。私たちぷれし〜どではこれをずぅっと追求してきました。私たちは、ビジネス、教育、処世術、スポーツなどあらゆる分野の「スゴイ方」に講師をお願いし講演会を主催しております。この講演会やその収録ビデオが一人でも多くの方のお役に立てればと願っています。知名度、年齢、権威などには正直言ってまったくこだわっていません。でも「スゴイ方」に共通しているところがあるんですよ!
 いろいろな方のお話を聴いて頂けると、それがすぐお分かり頂けるものと思います。勿論、この方向性だっておしつけるつもりは毛頭ありません。
 まずはご執心のテーマがあれば気楽に参加してみて下さい。


2013遷宮&国譲りめぐり 【東国の三社へ】
 

【千載一遇の旅】
〜2013遷宮&国譲りめぐり・第2弾〜

国譲りの神話で大きな役割を果たした東国の三社へ。

鹿島神宮・息栖神社・香取神宮を順々にめぐります
よき仲間とともに、明るく楽しく豊かな日帰りバスの旅♪

パワースポットトライアングルに行って、自分の要を感じてみま せんか?

講師 : 高島 亮 さん
(株)ぷれし〜ど代表 ・ かたりすと・正観塾師範代
日程 : 2013年11月3日(日)
会場 : 鹿島神宮・息栖神社(茨城)・香取神宮(千葉)
会費 : 15,000円(事前お振込み)
定員 : 25 人

遷宮の年だから、行きます。

どこに?

遷宮を終えた伊勢の神宮と出雲大社に。

そして、両者をつなぐ東国三社に。



今年は、ご存じのとおり遷宮の年です。

伊勢の神宮と出雲大社がそろって遷宮。

数百年ぶりのことだそうです。



2013年は大きな切り替わりの年、ということなのかもしれま
せん。



ならば、やはり行っておきたい。

いや、この千載一遇のチャンスを逃す手はない。



実際、世の中的にも遷宮ブームはすごいみたいで、

伊勢も出雲も例年以上に多くの人々が訪れ、大変なにぎわいのよ
うです。

出雲はすでに遷宮を終え、伊勢は10月に遷宮を迎えます。



ぜひ、遷宮後の伊勢に行きたい。

そして、出雲に行くなら、出雲の年間最重要行事である「神迎神
事(かみむかえしんじ)」のときに行きたい。

さらに、その2つに行くのなら、その間に、「国譲り神話」で両
者をつなぐ役割を果たした神さまを祀っている東国三社(鹿島神
宮、息栖神社、香取神宮)にも行きたい。



もしそれができたら、

千載一遇の遷宮の年に、

日本の国の成り立ちと和の精神を象徴する物語をたどることがで
きるぞ。



そんなひらめきが高島亮の頭をめぐり、

遷宮と国譲りをめぐる旅をすることにしました。



そこで、そんな高島亮と一緒にめぐりませんか?というお誘いで
す。



〜千載一遇・2013遷宮&国譲りめぐり〜

【第1弾】伊勢の神宮へ

【第2弾】東国の三社へ(このページ)

【第3弾】出雲の神迎へ



遷宮を終えた伊勢にはじまり、東国三社を経て、神迎の出雲に至
る。

このタイミングでめぐることによって、

「神さま・日本・和」を感じ、遷宮の切り替えとともに次へとシ
フトすることができるんじゃないか?

そんな気がしています。



めぐるめぐる、時代もめぐる・・・



3つとも行ける方は、ご一緒しましょう。

半月の間に3つですから、ちょっとハードですけどね(^^)。

でも、ものすごく濃密で楽しい半月になると思います。



もちろん、どれか1つでも、2つでも大歓迎です。

いずれも、神社をガッツリめぐります。

1つ1つが、楽しい仲間との楽しいめぐりあいになると思いま
す。



この機会をおもいきり楽しもう♪という方のご参加をお待ちして
います。





〜千載一遇・2013遷宮&国譲りめぐり〜

【東国の三社へ】



遷宮&国譲りめぐりの中継ぎは、

国譲りの神話にまつわるスポットをめぐります。



東国三社(とうごくさんじゃ)とは、

●鹿島神宮(かしまじんぐう)

●香取神宮(かとりじんぐう)

●息栖神社(いきすじんじゃ)

の3つの神社のこと。

2000年以上の歴史と伝統をもち、古くから多くの人々の信仰
を集めてきました。



国譲りの神話とは、こんな物語・・・

アマテラスは地上をおさめるオオクニヌシに、国を譲るよう迫り
ました。

ところが、何回も神々を使いに送るものの、らちがあきません。

そこで、アマテラスは、タケミカヅチ、フツヌシ、アメノトリフ
ネという三柱の神さまを天界から派遣します。

出雲・稲佐の浜についた三柱の神々に対し、オオクニヌシは申し
入れを聞き入れたものの、次男のタテミナカタは反抗するのです
が、タケミカヅチに諏訪へと封じられます。

その結果、オオクニヌシを手厚く祀ることを条件として、国譲り
が成立したのでした。

その条件にもとづいて創建されたのが、出雲大社です。

戦いや争いではなく、基本的に話し合いによって国が成立したと
いう日本の成り立ちを表しているのが、この国譲りの物語なので
す。

和の精神が日本のベースになっていることを象徴する物語である
といっていいでしょう。



アマテラス=伊勢の神宮、オオクニヌシ=出雲大社をつなぐの
が、

タケミカヅチ、フツヌシ、アメノトリフネで、

その三柱をそれぞれお祀りしているのが東国三社というわけで
す。



だから、伊勢と出雲の間に東国三社を入れることで、

伊勢と出雲がつながり、国譲りのストーリーもつながるのでは?

というのが、高島亮のひらめきです。



東国三社めぐり自体、「自らの道を見据え、要となる決意を支え
る」ものとして、古くから篤い信仰のもとに行われてきていま
す。

また、この三社を地図上で結ぶと二等辺三角形になり、そのトラ
イアングルはパワースポットとしても注目を集めているらし
い・・・



バスの中では、高島亮のミニ講演もあり。

楽しい仲間と一緒に、国譲りの物語に想いをはせ、

自らの要を感じながらパワースポットをめぐりませんか?



ご参加をお待ちしています。





【日程・スケジュール】



●2013年11月3日(日)



8:00 品川駅近くのバス乗車場所に集合

   ※詳しい場所は、お申込み後にお知らせします

   貸切バスに乗り、出発



鹿島神宮参拝



息栖神社参拝



昼食



香取神宮参拝



19:00頃 品川駅近くのバス降車場所に到着、解散



※スケジュール・行程(神社に参拝する順番等)は、変更になる
場合があります。

※交通事情等により、解散時間が前後する場合があります。あら
かじめご了承ください。



【ツアー料金】

お1人 15,000円(税込)

※昼食、貸切バス代を含む

※その他(現地までの交通費、お土産、お賽銭等)は各自払いと
なります。



【定員】

25名

※定員になり次第、締め切らせていただきます。



【最少催行人員】

12名

※2013年10月13日時点で最少催行人員に満たないときは、ツアー
を中止とさせていただく場合があります。



【お申込みに際して】

●「通信欄」に、

 ・年齢 

 ・携帯電話番号(当日連絡用)

 をご記入の上、お申込みください。



【お申込みについて】

<ご参加が確定されてからお申込み下さい>

ご参加未確定でのお申込みやキャンセルは、ご参加を希望されて
いる他のお客様のご迷惑となりますので、お控え下さいますよう
お願いいたします。



<キャンセル待ちについて>

キャンセル待ちご希望の方(HPのご案内が「満員御礼」表示に
なっている場合)は、

office@pleaseed.com まで、

●お名前

●お電話番号

を明記の上、

「キャンセル待ち希望」のEメールをお送りください。

キャンセル待ちの順番が回った方に(のみ)ご連絡させていただ
きます(順番が回らない場合はご連絡いたしませんので、あらか
じめご了承下さい)。
【参加費のお振り込み】

申込みの後、下記の口座に参加費をお振込みください(10月7日ま
でにお願いします)。



【振込口座】

●ゆうちょ銀行で振替用紙にてお振込みされる場合

ゆうちょ銀行

口座番号: 00190−1−542190

加入者名: 株式会社ぷれし〜ど



●他の金融機関からお振込みされる場合

銀行名: ゆうちょ銀行

金融機関コード: 9900

店番: 019

店名(カナ): ○一九店(ゼロイチキュウ店)

預金種目: 当座

口座番号: 0542190

カナ氏名(受取人名): カブシキカイシャ プレシード



※振替用紙の(通信欄)に「伊勢の神宮へ」と明記してくださ
い。



【キャンセル料規定】

お申込み後のキャンセルは、

Eメールで office@pleaseed.com までご連絡ください。

なおご連絡の日時により、次のとおりキャンセル料を申し受けま
す。



●2013年10月13日(日)まで ⇒ 無料

●10月14日(月)〜10月23日(水) ⇒ 参加費の20%(3,000
円)

●10月24日(木)〜10月31日(木) ⇒ 参加費の30%(4,500
円)

●11月1日(金) ⇒ 参加費の40%(6,000円)

●11月2日(土) ⇒ 参加費の50%(7,500円)

●11月3日(日)および無連絡での不参加 ⇒ 参加費の100%
(15,000円)



※お申込みの方が行けなくなった場合でも、代理参加は可能で
す。

 その場合はすみやかにご連絡ください。



【その他】

催行については、事情により中止もしくは変更になる場合があり
ます。

その場合は、Eメールにてご連絡を差し上げます。

あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。