秘密基地
   
   
2008/05/21
   
   
こんばんは。

今日、渋谷での打ち合わせのあと、ある喫茶店に入りまし
た。メルマガなどの原稿を書こうと思って。

その前に、チェーン系のカフェを2つほどのぞいたのです
が、どちらも混んでいて、どうも落ち着かない。
店内のBGMやたくさんのお客の声も、なんだか大きく聞こ
えて、気になりそうです。

心頭滅却すれば火もまた涼し。
という境地になれないところは、まだまだ修行が足りませ
ん。

というわけで、渋谷じゃ無理かなと思いつつ歩いていたら、
ふと見上げたところに、「喫茶店」の看板が目に入ったので
す。

階段を上っていって入ると、70年代という感じのお店。
カフェではありません。
まさに、喫茶店です。

でも、イタリアンコーヒーもあるらしく、ウェイターさんも
いい意味で地味で、しかも、空いている。

ここにしようっと。

窓際の席に座り、カフェラッテを注文しました。

パソコンを開き、原稿を書き始めると、すぐにラッテが、ラ
ッテら〜ラッテら〜ラッテラッテラッテら〜♪とはいいませ
んが、スッと運ばれてきました。

一口運び、再びキーボードを叩き始めたところで、気づきま
した。

ジャズがかかっている♪

ジャズ喫茶というわけではないんです。
オーナー店主がこだわってやっているタイプの店でもない。
70年代によくあったであろう、普通の喫茶店なんです。

でも、妙に落ち着く。
隣の席では、中年(あ、僕もそうか)の男女が、にぎやかに
話しまくっていたりするんだけど、なぜか気にならない。

ジャズという雰囲気の作りではないのに、結構なじむ。
しかも、渋谷の駅からすぐという好立地。

秘密基地を見つけた!

小学校時代を思い出しながら、一人うれしくなってしまいま
した。

結局、ラッテら〜のあと、ドライカレーセット(セットにな
っているのは、飲み物ではなく、サラダ。こんな細かいこ
と、ここに書かなくてもいいんですが^^)とイタリアンコ
ーヒーまでいただいてしまいました。

店を出たとき、4時間が経過していました(驚)。

また行こうっと。

   
   
   
   
Copyright : Ryo Takashima