忘れかけた感覚
   
   
2008/06/27
   
   
こんばんは。

陸上の日本選手権を観てきました。

単に観戦に行っただけでなく、男子400mハードルの為末
選手を応援です。

不調?という観測もあった為末選手ですが、見事に優勝。
北京オリンピックへの切符を手にしました。

はじめからかっ飛ばし、最後まで守りきる会心のレースでし
た。
体から、気迫があふれ出ていました。

感動した〜。
熱狂した〜。
絶叫した〜。

他にも、男子ハンマー投げの室伏選手、男子200mの末續
選手、女子10000mの渋井選手、福士選手、弘山選手、
女子走り幅跳びの池田選手など、超豪華メンバーの競演。

力を発揮できた選手も、残念な結果に終わった選手もいまし
たが、どの姿からも、感動を呼び覚まされました。

体の芯から、ビビビビとしびれるような、湧き上がってくる
ような感動と充実感。

普段忘れかけている感覚です。

「やっぱり、スポーツはいいなあ」
しみじみと、つくづく思いました。

もちろん、スポーツ以外でも味わえるはず。

この感覚、日々の中で、少しでも味わい、増やしていきたい
と思います。

   
   
   
   
Copyright : Ryo Takashima