人生観
   
   
2008/06/29
   
   
おはようございます。

「ルパンさんの人生観って、何ですか?」
ぷれし〜どスタッフのゆきちゃんに訊かれました。

「えっ、人生観!?何だろう?」
ちゃんと考えたことがないなあ、と訊かれて気づきました。

何だろう?
どういうものだろう?

人生観というものは、なかなかひと言で表し難いとは思うけ
れど、強いてまとめれば、次のようになるでしょうか。

「データの積み重ね」

わけがわからないですよね?
こんな意味です。

日々の言動や出来事は、どれも1つ1つがデータであって、
それを積み重ねていくことが、人生なんじゃないか。

例えて言えば、パソコンにデータを毎瞬毎瞬打ち込んでいく
ようなイメージ。

どんな些細なことでも、一挙手一投足が1つ1つのデータ。
特別なことじゃなくても、呼吸をすることも、何かを思った
り、考えたり、感じたりすることも、すべて1つ1つデータ
を入力しているんだと思うのです。

自分の入力したデータと他(人やさまざまな存在)が入力し
たデータがディスプレイに表示される。つまり、それらを見
聞きし、体験する。
そして、また入力を積み重ねていく・・・

随分と冷めた、客観的な見方だとは思います。
それどころか、人生って、とてもドラマティックなものにな
り得るくらいのものを、「データ」だなんて、とても無機質
な印象すら覚えるかもしれません。

でも、そんなふうになっているんじゃないかと現在のところ
は考えています。

データなので、本来は、その1つ1つには特に意味はありま
せん。

でも、だからこそポイントは、
「それらのデータをいかに楽しめるか」
にあると思います。

淡々とデータを積み重ね、存分にデータを楽しんでいきたい
ものです。

   
   
   
   
Copyright : Ryo Takashima