サザエさんブルー
   
   
2008/07/13
   
   
こんばんは。

「サザエさんブルー」という病があります。

病じゃないですね。
気分の問題といった方がいいでしょう。

症状は、日曜の夕方になると憂鬱な気分になるというもの。
テレビで『サザエさん』がはじまると、
「ああ、もうすぐ月曜だ。1週間のはじまりだ〜」
とブルーな気分が垂れ込めてくるわけです。

『サザエさん』の何とものどかな、のんきな展開が、
明日からはじまる長い労働時間の陰鬱さを、余計に重いもの
にしてくれちゃうんですね。

ああ、僕もカツオになりたい。
(タラちゃんの方がもっといいかな〜)

というような人は、結構いるんじゃないでしょうか?

他ならぬ僕自身が、そうでした。

「でした」ですから、過去のこと。
今じゃないですよ。

実は、最初の会社のときがそうだったんです。
「ああ、また明日から会社だ。いやだなあ」
通りすがりの家の中から、『サザエさん』の歌が聞こえてき
ただけで、足取りが重くなることもありました。

あの頃は、ハアッ!
いや、和田アキ子さんじゃなくて、
あの頃は、仕事がおもしろくなかったんだと思います。
おもしろくないというよりも、いやだったみたい。
まわりの人たちは、いい人ばかりだったんですが。

何がいやだったのか?
実は、よく覚えていないんです。

でも、多分、“やらされている”とか“やらなければいけな
い”という感が、かなり強かったんだと思います。

誰に言われたわけでもないのに。
自分の中で勝手にその感を強めていたのでしょう。

幸い、その後サザエさんブルーとはおさらばしました。

いつの頃からなくなったか?
定かではありませんが、自分から「この仕事がしたい」と思
って転職してからかもしれません。

今は、息子が『ちびまるこちゃん』や『サザエさん』を見て
いるのを見ても、ブルーにはなりません。

テレビの中ののどかさに、自然と同調できています。
ありがたいことです。

   
   
   
   
Copyright : Ryo Takashima