使うということ
   
   
2004/06/15
   
   
今朝、久しぶりにジョギングをしました。
今年の4月から、口ぐせ理論の佐藤富雄さんを見習って、朝ジョギ
ングと四股踏みを始めたんです。

これがまた、気分爽快でいいんですよね〜。

ところが、ゴールデンウィークでだらけた日々を送ってしまったの
がまずかった。
そこで習慣化の糸がプッツリと切れてしまい、生来の怠けぐせ、三
日坊主体質がむくむくと起きだしてしまったのでありました。
あな悲し。

でも、実は四股踏みは結構続けていたんです。
かれこれ2ヶ月強、毎日というわけではありませんが、ヨイショヨ
イショと踏んでいたわけ。
すると・・・
結構足腰の筋肉が、いい感じで付いてきたみたいなんですね。
筋もピッと入って、形もなかなかグー。
(わ〜、これじゃただのナルシスト!?)

で、気づいたこと。
筋肉は、使ってあげると発達する。

あたりまえですよね。
発見というほどのことはない、常識です、はい。

でも、それって筋肉だけなんでしょうか?

講演をする人は、話すという行為を通じて、口と頭(や表情も)を
使っている。使えば使うほど、口も頭も発達し、講演もうまくな
る。

その他、専門を持っている人、職人さんもそうだと思います。
いやそんな特別なことじゃなくても、みんな日々の中でそうやって
使って発達させているものっていっぱいある。

じゃあ、なぜ使うと発達するというふうになっているのでしょう
か?

僕は、「使う」ということは「存在を認める」ということだからだ
と思います。
存在とは、認められたときに、存在となる。
だから、存在するものは、認めてあげて、使ってあげるのが、理に
かなっているんだろうなと思うんです。

   
   
   
   
Copyright : Ryo Takashima